高校生のための学習サロン

かまなびNEXTは高校生の自習サポート型予備校です。日々の勉強を受け身ではなく能動的に行う為の様々な方法を伝授します。


センター試験の対策(数学)

センター試験まであとわずかですね。

今となっては懐かしい思い出です。

 

最近の高校生は推薦やAOで合格する子が多いので、センターで高得点を取らないといけない子は国公立大志望あるいは推薦を取れなかった子が中心なんでしょう。

 

センター試験そのものもあと数年で過去のものとなってしまいますが、実際どんな試験かというと

・1月第2週の土日に2日間行われる

・全てマーク式の問題

・偏差値55くらいの問題

・休み時間が長い

・筆者が受けると雪が降る

 

という特徴があります。

 

問題自体は難問ばかりというわけでもないので記述式答案よりは高得点を狙いやすく、1回受けた試験で何校も出願できるので、滑り止めとして私大に出願するケースもあります。

 

ただ、得点しやすいのは皆同じなので、一般入試に比べるとセンター利用入試の合格者最低点の方が高得点になります。

 

また、選択肢の答えが異常に長かったり、誘導にうまく乗って解かなければならないなど、センター試験独特の解き方があるので、過去問演習は必須です。

続きを読む

【勉強法】食べながらの勉強はやめよう

勉強していると、お腹が空いてきて、ちょっとなんか食べよう。だって脳の栄養はグルコースだから!と、都合のいい理論武装をして食べながら勉強していませんか?

 

本当におやつは必要なんでしょうか

続きを読む

英検対策まとめ

英検を受けるか迷っている高校生へ

 

英検は受けた方がいいです。

 

というのも、受けることによるデメリットがほとんどないからです。

 

英検は正式名称を実用英語技能検定といい、

高校中級程度が準2級、高校卒業程度が2級となっています。

 

2016年から英作文が加わったためマークシート特有の❛運❜で合格する生徒は減ったでしょうね。

 

ただ、ゆうて合格すれば ❛高校卒業程度❜ の英語力があると認められるわけです。

 

つまり「高校の進度に関係なく、高校卒業程度の英語力があるかどうか確かめられる」というわけです。

 

これって「自分に自信をもっていい」ってことでしょ?(そこから先英語に触れなければ力は衰えていきますが)

 

しかも、大学入試に英語は必須。どうせ勉強しなくてはならないのです。学校の進度に合わせて高3までチンタラ続けるか、集中して高1で英検2級をとり、あとの2年間は英語以外の科目に注力できる状況をつくるか、さてどちらを選びますか?

  

また、外国語系の大学の推薦入試ではもっていた方が有利です。(準2級だとパンチが弱いですが)

続きを読む

勉強が手につかないときは

受験勉強をしていると、全く勉強したくなくなるときが出てきます。やらなきゃいけないときにやれない。人生はままならないものですね。

 

ちょっと休憩…と思ってスマホでもいじろうものなら気づいたら3時間過ぎていた…なんてこともあるし、今からやろうと思っているところで親に見つかってお説教されてやる気が無くなったり…なんてこともあるのでは?

 

そういう時にやってみたいいくつかの解決策をお教えします。

続きを読む

【参考書図鑑】ターゲット Rシリーズ

読みやすさ  ★★★★☆

難易度    ★★☆☆☆~★★★☆☆

ボリューム  ★★★☆☆

例題数   1400R 80題

      1900R 100題 

続きを読む 0 コメント