【参考書図鑑】田部眞哉 生物 合格77講完全版


本屋をぶらぶらしていたら見つけました。

 

た…田部先生の新作!!

 

完全版!

 

私が受験生だったころは生物ⅠB48講と生物Ⅱ24講で別物だったけど

 

フルカラーになってるし…技術の進歩、いやデフレ万歳。

 

図も昔より増えているし何よりも各講の先頭にあるVisual Studyのギャグが好きでそこだけ覚えていたような気もする。

 

読み物系参考書の中では読みやすく、これ1冊あれば知識をつけるだけの学校の授業はいらない。ただし実習は別。まじめに取り組もう!

 

教科書とは一致していない。生物基礎、生物のように完全に分かれていないので、理系の受験生向きではある。定期試験の勉強に使うのであれば、授業の進度とキーワードを検索する必要があるのでちょっとめんどくさい。

 

問題集としての機能は全くないので、他に問題集が必要。

 

単純に読み物としても面白いので、生物に興味がない人も読めば生物が好きになるかも。

 

昔と比べて不便になった点は、持ち歩くときにかさばるようになってしまったこと。

(前は2冊に分かれていたからね)

↑この絵で光合成の反応を理解したナァ


【評価】

自学度  ★★★★★

知識量  ★★★★★

問題量  ☆☆☆☆☆

持ち歩き ★☆☆☆☆